セルフカラーの恐さ

こんにちは!

表参道にある美容室BLESSの野中です!

初めてこちらのブログをご覧に頂く方にはまず自己紹介を読んで頂けると嬉しいです!

野中健太朗とはどんな人?

最近は若いお客様にもたくさんご来店して頂き大変パワーをもらっている野中です。

しかし若いお客様だけとは限らないのですが、セルフカラーをされている方やセルフカラーで黒染めをされている方など意外に多くてびっくりしています。

なので、セルフカラー、黒染めをするとどうなるのかを今回のブログを書いて行きたいと思います。

セルフカラーの何が悪いのか

 

はい、セルフカラーして何が悪いの?って思っている方もいると思います。

まずはダメージが大きいです。

市販のカラー剤って、モカブラウン、ココアブラウン、シュガーアッシュ、ローズショコラ

なんかすごい名前ばっかりw

こんな名前ばっかりプッシュしていて、ダメージや髪質をまったく考えてないんですよね、

誰が使ってもこの色になる

そうやって作られているんですよね、

市販のカラー剤は、フルパワーのくすりなんですよ。

そんなんで毎回カラーしていたら、髪がダメージしてギシギシするのも当たり前ですよね。

根本だけ綺麗に塗れればいいのかもしれませんが、そんなに簡単な事ではありませんw

絶対に毛先にも付いてしまいます、

僕もたぶん髪長くても自分でリタッチはできません!

次にセルフカラーでのムラ

やはり自分で全体を均等に染めるのは難しいんです。

染まってる所染まってない所ができてしまいますと、直すのがとても難しいです。

色のムラもそうなんですが、それに伴ってダメージのムラも生まれてきてしまいます。

そうなってくると一度のカラーでは直せない事もありますし、

直せない事もあります。

なので、セルフカラーをなるべくして欲しくないんです。

セルフ黒染めも注意!

 

黒くするくらいなんだから、自分でもできるわ!って思ってやられてしまう方も少なくないはず!

黒染めってかなりダメージするんですよ、

それもムラになったりしているとかなり厄介です、

また染料が鬼濃いめな為次のカラーをする時に明るくできなくなってしまいます。

脱線剤やブリーチをしなくちゃいけなくなります。

そこで、黒染めのムラやダメージのムラがあると脱線剤やブリーチを駆使しても綺麗に染まらない事もありえます。

なので、黒染めをする際にはしっかり考えてからして欲しいですね!

 

サロンでのカラーは何が違うのか、

 

まず塗り方を分ける事でダメージを抑えてあげる事が可能になってきます。

例えば

図の様に根本は伸びてきて黒いが、中間、毛先は退色して明るくなっていて、トーンダウンしたい場合には、

根本には明るくする力のある薬を使い、

中間、毛先の明るくなっている所には加色するだけなので、力がない薬でしっかり染まるんですよ!

市販の薬はこうやって塗り分ける様に作られていないので、それを毛先まで塗っていたらダメージしますよね!

またBLESSでは後処理を全てのお客様にさせて頂いております。

アルカリに傾いた髪を弱酸性に緩やかに戻していく事で、髪が安定して、余計なダメージを減らし、色持ちが良くなります!

黒染めも必要でしたらしますが、なるべく暗染めで対応できるなら暗染めで染めさせて頂いております。

暗染めは暗めのアッシュなどを使って見た目は暗いけど、黒染めではないカラーリングです。

なんで暗染めの方がいいのかといいますと、まだ明るくできるからです!

暗染めも染料は濃いので染めてすぐに明るくしたいってなっても難しいのですが、色落ちするので、落ちてからでしたらまたカラーを楽しむ事ができます!

短期で暗くしなきゃいけないでしたら、絶対暗染めをオススメします!

最後に

前にも書きましたが、髪は死滅細胞です。

ダメージしたらもう治りません!

なので、セルフカラーは手軽にできるものですがそれ以上にダメージなどのデメリットの方が大きいと僕は思っています。

時間やお金がかかるとしても、

自分の髪の事を考えるなら絶対的にサロンカラーをオススメします。

  1. 最後までお読みいただきありがとうございます!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です